動脈硬化

動脈硬化とは、わかりやすくいえば血管の老化です。

肌にシワやシミができたり、たるんだりするのと同じように、血管も年齢とともに傷つき、弱り、しなやかさも低下します。

ただ、この血管の老化は、生命にかかわる老化だということです。

外からはわかりにくいため、ほとんどの人が血管の老化には気がつかず放置しています。その結果、血液の通り道が狭くなったり、血栓ができてつまったりして、


ある日突然、心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気を引き起こします。


また老化とともに、動脈硬化の原因のひとつに「コレステロール」があります。

とくに超悪玉といわれる小型LDLコレステロールが多いと、動脈硬化を起こしやすいことがわかってきています。

【動脈硬化を引き起こす⚡主な危険因子】

●肥満・・・

 内臓脂肪が多くなると、血液中の悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化のきっかけを作ることになります。

 また、内臓脂肪が多い状態を放置していると、高血圧や高血糖を引き起こし、動脈硬化を急速に促進します。

●脂質代謝異常・・・

 超悪玉(小型LDL)コレステロールは血管内壁に入って酸化され、動脈硬化の大きな要因となります。

 また、中性脂肪の増加は肥満を引きをこすほか、超悪玉コレステロールを増やす原因にもなります。

●高血圧・・・

 血圧が高い状態が続くと、血管内壁を傷つけ、コレステロールが血管内に入りやすい環境を作ったり、血管に負担をかけ続け動脈硬化を促進します。

●高血糖(糖尿病)・・・

 高血糖状態が続くと、インスリンの働きが低下し、血液中の脂質が増えます。

●喫煙・・・

 活性酸素を増やし、血管内壁に入ったコレステロールの酸化を促進します。また、血管を収縮させ、高血圧の原因ともなります。

●体質・・・

 近親者に心筋梗塞や脳卒中などを起こした人が多い場合には、体質的に動脈硬化になりやすい可能性があります。


「健康診断等で気になる結果がでた。」

「上記危険因子に当てはまる項目がある」など・・・

放置せず、いちど当クリニックにご相談ください。




📱インターネット予約💻(24時間)

https://www.oimachiclinic.com/onlinereservationform

📞電話予約📞

03-4400-4856


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示