減塩のお話

更新日:1月27日





◎塩分を摂りすぎるとどうなるの?◎

塩分のとりすぎると。。。

 → 血液中の水分を増やすことでナトリウム濃度を維持しようとする

 → 血圧の上昇(高血圧)

 → 高血圧が続くと動脈硬化の原因となる

 → 心筋梗塞・脳卒中のリスクが高まる

◎1日に必要な塩分量は?◎

【厚生労働省が推奨している 日本人の食塩摂取量の目標値】

・男性:8g/日未満

・女性:7g/日未満

(日本人の食事摂取基準 2015 年版)

【日本高血圧学会による 高血圧患者さんの減塩目標】

・男女とも:6g/日未満

(高血圧治療ガイドライン 2014)


◎減塩のポイント◎

①新鮮な食事を選ぶ

素材そのものの風味や旨味により、塩分は少なくて済みます。

②酸味を利用する

レモン・ゆずなどの柑橘類や、酢・黒酢などの酸味を使って味に変化を。

③香味野菜・香辛料を使う

にんにく・生姜・唐辛子・カレー粉などを上手に使い、味にメリハリ。

④だしをきかせる

自分でかつお節やこんぶ・煮干しで濃いめのだしをとって風味をUP。

⑤焦げ目をつける

ほどよい焦げで香ばしさUP。

⑥油を使う

天ぷら・フライ・ムニエルなどは減塩でも美味しく食べられます。

味付けにはレモンや天つゆなどを利用しましょう(油のとりすぎには注意)

⑦しょうゆ・ソースはかけずに少量をつけて食べる

ボトルから直接かけると、うっかりかけすぎてしまう場合も。。。

小皿などに別に用意し、少量ずつつけて食べましょう。

⑧味付けは重点的に

少ない塩分をいくつかの料理に分散するより、一品にしっかりと味をつけると 献立全体のアクセントに。

⑨見えない塩分に注意

ちくわ や かまぼこ 等の練り物や、ハム等の加工品には塩が使われています。

⑩麺類の汁は残す

麺類の塩分は、およそ一杯 3~7g あります。

麺・・・約1g。残りは汁と具に含まれます。

ラーメン・そば・うどん等の美味しいスープもグッと我慢で。

⑪食品の塩分が Na(ナトリウム) 表示の場合は、食塩は 約2.5 倍

塩分表示がなくても、ナトリウム量のチェックをお忘れなく。

 ナトリウム(mg)×2.54÷1000=食塩相当量(g) 

計算式はちょっと。。。という場合は

 こちら⇒⇒ナトリウム量 約400mg=塩分 約1g



◎食品に含まれる塩分量は?◎



健診の結果で気になることがある場合、 また、数値は基準値内であっても自覚症状がある場合は、一度ご相談ください。 【診察のご予約】 ☎ :03-4400-4856 web:https://www.oimachiclinic.com/onlinereservationform

#減塩 #高血圧 #心筋梗塞 #脳卒中 #動脈硬化


閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示